サステナビリティ

環境マネジメント

温室効果ガスの削減

気候変動への対応

 アルプスアルパイングループは、気候変動が生産停止やサプライチェーンの分断など事業へ大きな影響を与える要因の一つと捉えています。私たちは、管理部門長である氣賀洋一郎執行役員が議長を務める「環境推進会議」を通して、気候変動を含めた取り組みの目標設定とその進捗確認を行っています。
 2019年度より始まった第1次環境保全中期行動計画では、パリ協定に鑑み、2030年、2050年を期限とする長期目標を設定し、活動を進めます。また、本行動計画では、資源の効率性、エネルギー源、強靭性の側面から、グローバルで展開する生産拠点を中心に、活動を推進しています。
 当社グループは、低炭素経済への移行に関する主なリスクとして、EV市場の拡大や車載製品・省エネ関連設備/システムなど製品を供給する市場及び技術の変化、顧客等ステークホルダーからの更なるCO2排出削減や再生可能エネルギー使用要求への対応を認識しています。加えて、物理的リスクである大雨、洪水等の災害も、引き続き当社グループのリスクとして、危機管理マニュアルや体制の定期的な整備など危機管理活動を通じて対応を進めていきます。

温室効果ガスの排出削減目標(CO2

 私たちは第8次環境保全中期行動計画において、生産および物流のエネルギー原単位改善による省エネにてCO2の削減を行っています。2018年度通期の状況は下記の通りです。

項目対象目標(2018年度)実績(2018年度)
事業所における地球温暖化対策 アルプスアルパイン及び電子部品事業の海外生産子会社、国内海外アルパイングループ、
アルプス物流(国内)
2020年度までエネルギー原単位改善率を年1%とする。
2012年度比で5.90%削減
原単位:
15.73kl/億円
改善率:21.6%
物流における地球温暖化対策 アルプスアルパイン(国内)、
アルプス物流(国内)
2018年度まで国内物流のエネルギー原単位改善率を年1%とする。
2015年度比で2.97%削減
原単位:
0.59kl/億円
改善率:3.9%

 上記の改善は、主に高効率機器(空気圧縮機、空調機、LED照明など)の導入と管理強化(空気圧縮機の配置最適化や配管系統の合理化、待機電力削減など)によるものでした。次年度以降はこれらを踏まえ、国内外の拠点への水平展開、エネルギー使用合理化対策の更なる掘り起しなどの施策を進めることで、引き続きCO2の削減を進めていきます。


GHGスコープ1、2排出量

スコープ 排出量(CO2-t)
スコープ1 電子部品 17,160 19,525
車載情報機器 2,365
スコープ2 電子部品 256,528 305,905
車載情報機器 49,377

省エネルギーの取り組み

 私たちは、地球温暖化対策の観点から省エネルギーへの取り組みを第1次環境保全中期計画の一つとして実施しています。この取り組みは、2012年度を基準年とし、エネルギー原単位換算で2030年まで年平均1%の削減を目標としています。
 この目標は、アルプスアルパイングループが、それぞれの事業形態に即した施策を計画・実施することによってグループ全体として達成することを目指しています。

エネルギー使用量(原油換算)の推移

*1 エネルギー使用量(原油換算):電気、燃料等のエネルギー使用量を原油量に換算したもの
*2 生産高原単位:エネルギー使用量を生産金額で除した値


エネルギー使用量(原油換算)

CO2排出量の推移

* 生産高原単位:CO2排出量を生産金額で除した値


CO2排出量