CEATEC 2019

より深く、より広く、統合で強化された、
アルプスアルパインのモビリティ/IoTソリューション。

10月15日(火)から10月18日(金)まで幕張メッセにて開催されるCEATEC 2019。今年1月に経営統合したアルプスアルパインは、モビリティやIoTの未来を拓く独自の取り組みを出展します。アルプスカンパニーの電子部品を究めるコアデバイス技術、アルパインカンパニーのシステム設計力・ソフトウェア開発力を融合した、最新のソリューションをぜひご体感ください。

乗車前から降車後まで、
移動をスマートに進化させる。

「CASE」や「MaaS」への対応が加速し、100年に一度の大変革に拍車がかかる自動車産業。アルプスアルパインは豊富な実績とノウハウを持つ両社の強みを活かし、独自の「シームレススマートモビリティソリューション」を追究しています。
これは乗車前から降車後まで、移動をさらに快適で歓びに満ちたものにする、というコンセプト。スマートフォンをキーとして 、カーシェアの予約や乗車を進化させる「スマートアクセス」。乗り手の好みのドライブプランを把握して自動提案する「レコメンドエンジン」。自動運転中の車内をくつろぎの空間にする「ドライバーモニタリング」。そして、ドライブの後までスムーズにする「降車サポート」など、さまざまな機能とサービスコンセプトを組み合わせています。
会場には、このソリューションを実際にご覧いただけるコックピットを展示。さらに、ソリューションを実現するためのデバイスやコア技術もご体感いただけます。

上質で快適なドライブを
演出するプレミアムHMI。

高度自動運転が実用化すると、車は運転を楽しむものから移動時間を楽しむものへ変化することが予想されます。アルプスアルパインは車室内をより上質で快適に演出するプレミアムHMIを展開しており、美しいインテリアと操作性を両立する熱転写加飾印刷&静電ステルススイッチ、自在の操作感を創出するフォースフィードバックテクノロジーなどをご紹介します。また、徹底的に妥協を排してこだわり続け、各方面より高い評価をいただいているプレミアムサウンドへの取り組みもご紹介いたします。

センサ/通信技術を活かした
独自のIoTソリューション。

さまざまな分野でIoT構築を支援する、アルプスアルパインのソリューション事例。フランスSigfox社のシステムとWi-Fiを組み合わせて無充電10年稼働を実現する「物流遠隔監視システム」、建設現場や工場での安全・健康管理に貢献する「作業者見守りシステム」などを展示します。また、2019年より試験導入されたドローンによる架空地線・自動追尾点検システムと、そこに採用されている各種デバイスもご紹介します。

名称 CEATEC 2019
会期 2019年10月15日(火)~18日(金)
会場 幕張メッセ(千葉県千葉市)
出展位置 デバイス&テクノロジーエリア HALL4 H006
公式サイト出展者ページ https://www.ceatec.com/ja/showfloor/detail.html?id=14864
主な出展製品 ・ハプティック® リアクタ
・高精度磁気センサ
・熱転写加飾印刷
・通信モジュール
・非球面ガラスレンズ
・ブロックチェーン活用デジタルキー
・物流遠隔監視システム
・自動追尾点検システム
・シェアカーモニタリングシステム
CEATEC OPEN FETURE