製品情報

こちらに記載されている内容は報道発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2019年04月23日

第5世代を見据えた高密度実装化に貢献

アルプスアルパイン 光トランシーバ向けミラー付レンズアレイを開発

「アルプスアルパイン 光トランシーバ向けミラー付レンズアレイを開発」拡大写真

 アルプスアルパイン株式会社(TOKYO 6770、社長:栗山 年弘、本社:東京、以下 アルプスアルパイン)は、データセンター等の光ネットワークに使われる光トランシーバ向けにミラー付レンズアレイ「FLHL2シリーズ」を開発、8月より量産を開始します。


 近年、IoTやAIの活用により、世界のトラフィック量は2017年から2020年にかけて約1.9倍にまで増加し(※)、今後も5Gの導入などによって更に増大していくことが予想されます。データセンター等で使用される光トランシーバにもより高速、高密度化が要求され、それに伴い部品にも更なる小型、高密度実装化が求められています。


 こうしたニーズに応え、アルプスアルパインは、光トランシーバの受信機用に集光レンズとミラーを一体化したレンズアレイを開発しました。
 従来は、受光素子に光を伝搬する際にレンズとミラーをそれぞれ配置しなければならなかったところ、これらを一体化したことで部品点数の削減、光学長の短縮を可能とし、光トランシーバ全体の小型化に貢献しています。(下図参照)
 また、部品点数を減らすことによって、トランシーバの組み立て⼯数の削減、コスト低減にもつなげます。


 なお、当製品のレンズ間ピッチは0.75mmで、既存の光トランシーバに合わせて設計していますが、将来的にはIoTの普及、5Gサービスの導入による市場の小型化、マルチチャンネル化ニーズに合わせ、0.5mm、0,25mmの開発も視野に入れています。


 アルプスアルパインは、2000年に世界最小クラスとなる海底ケーブル用ガラスレンズを開発して以来、光通信用レンズ市場をリードしてきました。今後も長年に渡り培ってきた光学設計技術で、高速データ通信、「つながる社会」の実現を支えていきます。


※(出典)総務省 平成30年版 情報通信白書

<従来設計との比較>

アルプスアルパイン 光トランシーバ向けミラー付レンズアレイを開発

【主な特長】

  1. 集光レンズとミラーを一体化したレンズアレイで光トランシーバの小型化と製造工程の削減に貢献
  2. 光損失が少なく、長年に渡り実績のあるガラスレンズ
  3. 鉛フリーガラス採用(RoHS対応)
  ※電気・電子機器などの特定有害物資の使用制限に関するEUの法律

【主な用途】

データセンター通信ラック内の光トランシーバ


【販売計画】

量産開始 2019年8月
サンプル価格 3,000円
開発 技術本部 長岡工場(新潟県長岡市)
生産 生産本部 長岡工場(新潟県長岡市)
月産 1万個(2020年4月)

 

【主な仕様】

製品名 FLHL2シリーズ
外形サイズ(H×W×L) 1.3mm×1.3mm×3.5mm
タイプ Photo D結合用
対応素子 Chip Type PD
適合波⻑例 λ(nm) 1310/1550
焦点距離 f(mm) 1.51 (1550nm)
L1(WD) (mm) 0.62 (1550nm)
開口数(NA) 0.2
ビーム径⽬安(mm) φ0.6mm (1550nm)、有効NAにて