株主・投資家の皆様へ

直近の業績概要

2021年3月期 上期

連結業績の概況

売上高 グラフ

営業利益・営業利益率 グラフ

親会社株主に帰属する当期純損益・1株当たり当期純損益 グラフ
※2020/03為替レート:米ドル/円108.74・ユーロ/円120.82                                   

自己資本比率 グラフ

配当金推移 グラフ
※2019年中間期までは旧アルプス電気単体の配当金額です。                                              

連結貸借対照表の概要(単位:億円)

連結貸借対照表の概要


ポイント


(1) 流動資産

 受取手形及び売掛金の増加等により、前連結会計年度末と比べ151 億円増加の3,842億円となりました。

 

(2) 固定資産

 投資有価証券、機械装置及び運搬具の増加と、建設仮勘定の減少等により、前連結会計年度末と比べ61億円増加の2,624億円となりました。

 

(3) 負債合計

 流動負債は、支払手形及び買掛金の増加と、未払費用の減少等により、前連結会計年度末と比べ72億円増加の2,053億円となりました。
 固定負債は、長期借入金の増加等により、前連結会計年度末と比べ179億円増加の898億円となりました。



連結損益計算書の概要(単位:億円)

連結損益計算書の概要


連結キャッシュ・フローの概要(単位:億円)

連結キャッシュ・フローの概要


設備投資・減価償却費・研究開発費の推移(単位:億円)
※内訳には連結消去を含んでおりません。

設備投資

設備投資 グラフ

減価償却費

減価償却費 グラフ

研究開発費

研究開発費 グラフ

地域別売上高構成比

地域別売上高構成比


事業別の概況

電子部品事業

電子部品事業売上高(億円)棒グラフ

 エレクトロニクス業界は、EHII各市場ではAIやロボティクスの活用による新しいビジネスの展開等が進みましたが、自動車市場で世界の新車販売台数の減少、モバイル市場でも世界販売台数が減少するなど、各市場ともに新型コロナウイルス流行による影響が大きく、マイナス成長となりました。

EHII:Energy、Healthcare、Industry、IoT
AI:人工知能

電子部品事業

車載市場

 次世代プラットフォームへの顧客ニーズに対応した製品開発を進め、海外自動車メーカーより卓越した付加価値の創造等を評価され、表彰を受けました。

民生その他市場

 環境センサビジネスの拡大に向けてSensirion Hol di ng AG(スイス)と戦略的パートナーシップの締結や衛生面に配慮したタッチレス操作パネルの提案等を行いました。

車載情報機器事業

車載情報機器事業

 電子部品事業とのシナジー効果によるデジタルキャビン向け製品開発の加速、ブロックチェーン技術を活用したカーシェアリング向けデジタルキーの開発、また自動運転に5Gのプラットフォームを活用するための開発を図り、さらに自動車に卓越したオーディオシステムを提供することを目的に、音響分野では世界的な知名度を誇るマッキントッシュグループと提携しました。

車載情報機器事業売上高(億円)棒グラフ

物流事業

物流事業

  (株)アルプス物流(東証第二部)では、生産性向上の取り組みの一環として、日本で新たに大型の自動化設備を導入した倉庫を稼働しました。海外においては、拠点・ネットワークの拡充を継続し、中国では8月に通関業の専門子会社を設立し、通関業務の迅速化による輸出入事業拡大に向けた体制強化を図りました。

物流事業売上高(億円)棒グラフ

売上高構成比率

円グラフ