サステナビリティ

人財マネジメント

労働安全衛生

基本方針

 アルプスアルパインでは、社員一人ひとりが、心身ともに安全で健康に働けるように各種制度や職場環境の維持・向上に取り組みます。


行動方針
  1. 安全衛生関係法令及び社内基準を遵守し、より一層の安全衛生管理に努めます。
  2. 日々の安全衛生管理活動を継続的に行い、“災害ゼロ”から“危険ゼロ”の安全で快適な職場づくりに努めます。
  3. 社員教育および社内広報活動を通じて、安全衛生意識の高揚に努めます。
  4. 安全衛生管理活動を定期的に見直し、適切性と有効性を確実にします。
  5. 社員とコミュニケーションを図り、社員参加型の安全衛生活動を実行していきます。

推進体制

 アルプスアルパインでは、気賀洋一郎執行役員を全社安全衛生統括者とする全社安全衛生委員会を設置し、安全衛生、健康推進活動、防火・交通安全活動等の方針決定、および活動の推進をしています。なお、本社、国内外拠点、アルパイン(株)いわき事業所等、各拠点毎にも安全衛生委員会を設置しています。

体制図
【2019年度 重点実行項目】
  1. 労働災害・通勤途上災害の削減
  2. 社員の健康維持向上
  3. 社員の喫煙率減少

労働災害への対応

 アルプスアルパインでは、重大災害(死亡などにつながる労働災害)ゼロを目標として活動を推進しています。

【2019年度 労働安全施策】
・社内法令遵守評価の実施。不具合が見つかった場合は、合わせて是正及び予防措置を実施
・職場巡回による労働安全リスクアセスメントの実施。職場における労災リスク低減を推進
・安全衛生教育の実施。ヒヤリハット事例の周知による予防を促す
・交通安全講習会の開催。車の安全運転教育を実施

<2018年度労災件数改善施策 事例>
・交通安全教育として、運転中の危険予知訓練を実施。交通事故件数の減少につながった。
・工場での職場のリスクアセスメントを実施し、労災予防策につなげた。
・職場改善として、化学物質の保管場所にSDS(Safety Data Sheet)を準備し、誰もが化学物質の取り扱いと危険性を認識できるようにした。

労働災害件数
2014年度2015年度2016年度2017年度2018年度
労災件数126161415
労働災害強度率0.0040.0090.0090.0160.016
全国製造業強度率平均0.090.060.070.080.10
(範囲:アルプスアルパイン(株))
労働災害休業度数率
2014年度2015年度2016年度2017年度2018年度
1.080.631.171.721.38
(範囲:アルプスアルパイン(株))

マネジメントシステムの導入推進

 アルプスアルパイングループでは、国際的な労働安全衛生マネジメントシステム規格OHSAS18001を導入し、生産拠点を中心に順次認証を取得しています。このシステムに基づき、リスクアセスメントによる安全健康リスクの低減と管理、及び法令などの遵守管理を継続的に進めています。
 2019年5月時点における生産拠点での取得率は、44.8%です。

健康増進活動

 アルプスアルパインでは、働く人の安全と身体とこころの健康は、経営の重要課題としてとらえています。安全で快適な職場環境づくりと、心身の健康増進に取り組んでいます。


身体の健康

取り組み事例概要
ウォークラリー社員が健康について最も関心を持つ健康診断結果フィードバック時に合わせ、運動の習慣化を目的としたウォーキングイベントを実施。地域で行われるウォーキングイベントへの参加、月間総歩数や歩数伸長率など競う、月間表彰イベントを実施するなど、習慣化を働きかけています。
受動喫煙の低減社員の受動喫煙のリスクを抑えるため、喫煙所の屋外化、たばこの自販機撤去、禁煙外来の補助支給、喫煙所入室時間制限などを実施しています。
健康食堂塩と油の使用を控えた健康メニューの提供をはじめ、卓上ポップで食に関する健康情報を展開するなど、食を通した健康意識の向上を図っています。


こころの健康

取り組み事例概要
ラインケア研修管理職が部下の不調の早期発見と対応ができるように、メンタルヘルスに関する知識教育を実施しています。
EAP(Employee Assistance Program)心の不調、疲れのケアをはじめ同僚や上司とのコミュニケーション改善に向けたカウンセラーとの面談の機会を提供しています。各拠点では、カウンセラーの常勤体制を構築しています。
ストレスチェックの実施と活用法定のストレスチェックの実施結果から、気づきを促すためメールによるフォローアップや、EAPや健康管理室への相談のすすめ等 社員への意識付けやセルフケアを促す取り組みをしています。

「健康経営優良法人2020」に認定

 アルプスアルパインは、経済産業省・日本健康会議が主催する「健康経営優良法人認定制度」の大規模法人部門において、優良な健康経営を実践している企業として認定を受けました。
 この制度は、地域の健康課題や日本健康会議が進める健康増進の取り組みに則り、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰するものです。
 当社は、引き続き、従業員の健康維持・増進を経営の重要テーマと位置付け、積極的に取り組みます。

健康経営優良法人2020」に認定