サステナビリティ

ガバナンス

リスクマネジメント

リスクマネジメントの考え方

 アルプスアルパインの事業環境は、事業のグローバル化、技術の進化、市場変化等により、様々なリスクが存在しています。当社は、その影響度と重要度を見極め、企業の持続的成長と企業価値の向上を実現するため、中長期で施策を立案、対応していくことが重要であると認識しています。
 アルプスアルパインでは、関連リスク項目を設定し、各機能本部へのインタビューを実施。インタビューで得られた情報をサステナビリティ推進室にて、当社におけるリスクと機会の両面から検証を行っています。検証結果は、当社が取り組むべき課題(事業マテリアリティ)として取締役会に上程、承認を得ています。
 なお、現在対象としている関連リスク項目は以下の通りです。

マクロ環境 ソブリン・政治、経済、社会・文化、環境保全、法令・規則
事業環境 市場、ユーザー、競合、技術/ビジネスモデル
事業・事業体 ビジネスモデル、事業ポートフォリオ、資源配分、組織体制、サプライチェーン
経営資源 従業員、製品・設備、資本、技術、情報、システム、信頼・ブランド

 今後は、定期的に重要度・影響度の確認を行い、関連リスク項目の見直しを行っていきます。

事業マテリアリティ

リスクマップの整備

危機管理

 地震や大雨などによる自然災害、火災などの事故、そして感染症は、企業の事業・経営だけでなく、サプライチェーンにも大きな影響を与えます。アルプスアルパイングループは、こうした危機的事象に対して、早期復旧と被害の最小限化を実現するための取り組みを進めています。
 アルプスアルパインでは、危機的事象発生時において迅速な行動をとることができるように危機管理マニュアルを準備し、内容の適時更新を行っています。また、国内外の各拠点においても、同マニュアルを基に各々の拠点状況に対応したマニュアルの整備を進めています。


危機管理方針(危機管理マニュアルより)

  • 社員及び社内にいる関係者(来訪者、関係会社社員、構内請負、派遣社員等)及び社員家族の安全確保を第一優先とする。
  • 事業活動を維持し、顧客に対する製品の供給とサービスの提供を可能な限り維持する。
  • 有形・無形を問わず企業資産の安全を図り、公正な手段の使用により被害を極小化するよう努める。
  • リスク顕在時には、顧客・株主をはじめとするステークホルダーからの信頼性確保を念頭に責任ある行動をとり、迅速かつ適切な対応と回復に努める。