サステナビリティ

環境マネジメント

環境保全中期行動計画

 アルプスアルパイングループでは、3年毎に「環境保全中期行動計画」を策定し、地球温暖化対策をはじめとした環境保全活動に取り組んでいます。
 2019年度からは、新たに2050年度の長期目標も盛り込んだ「第1次環境保全中期行動計画」を策定し活動を推進しています。

第1次環境保全中期行動計画の進捗状況

項目 目標(2019年度) 適用範囲 実績(2019年度) 自己評価
温暖化対策 2013年度比で2050年度の温室効果ガス排出量の80%削減を目指す。
(基準年2013年度292,520トン)
アルプスアルパイングループ 347,777トン
基準年度比 16.6%増加(悪化)
2030年に向けて、エネルギー原単位改善率を年平均1%とする。
(2012年度比改善率目標 6.7%)
アルプスアルパイングループ 原単位 16.3
基準年度比 18.8%削減(改善)
製品の国内物流に関するエネルギー消費の原単位改善率を2021年度まで年1%とする。
(2015年度比改善率目標 3.9%)
アルプスアルパイン/ATS 原単位 0.498
基準年度比 18.3%削減(改善)
資源循環 廃棄物総排出量の原単位改善率を2021年度まで年1%とする。
(2019年度改善率目標 3.9%)
アルプスアルパイングループ 原単位 3.65
基準年度比 0.8%削減(改善)
廃棄物の再資源化率を向上する。
(2018年度 96.5%)
アルプスアルパイン 再資源化率 89.0%
基準年度比 7.5%低下(悪化)
水使用量の原単位改善率を2021年度まで年1%とする。
(2019年度改善率目標 1.0%)
アルプスアルパイングループ 原単位 212
基準年度比 2.9%削減(改善)
材料歩留の改善を行う。 電子部品事業 改善金額目標比 +134.7%
材料ストレート通過率の改善を行う。 電子部品事業 改善金額目標比 +33.4%
環境配慮製品 環境調和型製品の拡販を推進する。 アルプスアルパイン 概ね計画通り達成
生物多様性 生物多様性保全活動を推進する。 アルプスアルパイン カタクリの生育状況確認
宮城県環境保全米の社員食堂での提供
化学物質 VOC(揮発性有機化合物)の排出削減/抑制を行う。 アルプスアルパイン 大気排出量 77.6トン
前年度比 15.6%削減(改善)
非エネルギー由来の温室効果ガス(六フッ化硫黄等)の排出削減/抑制を行う。(温暖化対策) アルプスアルパイン 大気排出量 3,633トン(CO2換算)
前年度比 31.4%削減(改善)

自己評価 :達成 :未達