会社概要

アルプスアルパインのあゆみ

  • 1948~
  • 1970~
  • 1990~
  • 2010~
1948年
11月 資本金50万円総員23名で東京都大田区雪谷町に「片岡電気株式会社」設立。 12月 ロータリスイッチの製造販売を開始。
1949年
5月 バリコンの生産を開始。 10月 大阪出張所(現関西支店)を建設。
1954年
6月 VHFチューナの生産開始。バリコンを初めて海外(アルゼンチン)へ輸出。
1958年
12月 ボリュームの生産を開始。
1960年
9月 横浜工場(神奈川県)稼働。 9月 FMチューナの生産を開始。
1961年
4月 株式を公開(電子部品業界では初めて)
1963年
9月 ニューヨーク事務所を開設。 9月 UHFチューナの生産を開始。
1964年
6月 輸出貢献企業として通産省より表彰される。(以後、連続6回)
8月 「東北アルプス株式会社」設立(資本金5,000万円)。
9月 古川工場(宮城県)稼働。 9月 インドに初の海外合弁会社「ケル・コンポーネント」設立。
12月 社名を「アルプス電気株式会社」と変更。
1966年
  キーボードスイッチの生産を開始。
6月 涌谷工場(宮城県)稼働。
9月 西ドイツにデュッセルドルフ事務所を開設。
1967年
  磁気ヘッドの生産を開始。
5月 「アルプス・モートローラ株式会社」(現・アルパイン株式会社)設立。テープデッキの生産開始。
8月 東京証券取引所第1部に上場。
11月 磁気ヘッド部門をハチマン電子株式会社より委譲。
12月 角田工場(宮城県)稼働。
1968年
3月 相馬工場(福島県)稼働。
10月 新潟工場稼働。
1969年
7月 株式の全額時価発行(わが国初めて)により増資。新資本金12億円。
1970年
3月 「アルプス運輸株式会社」(現・株式会社アルプス物流)発足。
7月 古川工場内に中央研究所完成。
8月 韓国に合弁会社「金星アルプス電子」(現・LG電子部品)設立。
12月 台湾に合弁会社「福華電子」設立。
1972年
4月 CATVホームコンバータの生産を開始。
1973年
3月 ブラジルに合併会社「アルプス・ド・ブラジル」設立 。
11月 カセット・メカニズムの生産を開始。
1976年
6月 盛岡工場(岩手県)稼働。
1977年
4月 小名浜工場(福島県)稼働。
11月 米国に「アルプス・エレクトリック(USA)」設立。
12月 マイクロ・プリンタの生産を開始。
1978年
  リモートコントローラ生産を開始。
1979年
6月 液晶表示素子(LCD)生産を開始。
9月 西ドイツに「アルプス・エレクトリック(EUROPA)」設立。
1980年
3月 香港事務所開設。
5月 フロッピーディスクドライブの製造販売を開始。
1981年
  タクトスイッチ®の生産を開始。
3月 台北事務所開設。
8月 エレクトロ・ジャイロケータを本田技研工業株式会社と共同開発。 8月 エレクトロ・ジャイロケータを発表。
1982年
  可変抵抗式センサの生産を開始。
1983年
1月 VTR用シリンダの生産を開始。 1月 マウスの生産を開始。
1984年
11月 イギリスに「アルプス・エレクトリック(UK)」設立。
1985年
8月 アップル社のガーデングローブ工場を買収、9月より稼働開始。
1986年
  8mmVTR用ヘッド発表。
1987年
2月 韓国に「韓国アルプス」設立。
1988年
3月 アイルランドに「アルプス・エレクトリック・アイルランド」設立。
1989年
  コードレス電話用送受信ユニット発表。
3月 マレーシアに「アルプス・エレクトリック・マレーシア」設立。
1990年
4月 「アルプス・システム・インテグレーション」設立。
10月 イギリスに「アルプス・エレクトリック・スコットランド」設立。 10月 東北大学との共同研究による新軟磁性体を開発。
1991年
4月 環境保全委員会が発足。
6月 仙台市に新中央研究所開設。
10月 3.5インチHDDを発表。
1992年
3月 コンパクトタイプトラックボールを発表。 3月 80/130MB2.5インチHDDを発表。
10月 小名浜事業部、国際品質保証規格ISO9001の認証を取得(以降、国内外事業所で取得が続く)
1993年
3月 ラベル用カセット「ラベカ」を開発。
6月 中国に「寧波アルプス」設立。
12月 「大連アルプス」「上海アルプス」設立。 12月 メキシコに「アルプス・エレクトリック・マニュファクチャリング・メキシコ」設立、アミューズメント分野に参入。
1994年
6月 オールアルプス環境憲章を制定。
8月 グライドポイント™発表。
12月 FAXによる電子部品の通信販売「電即納」開始。
1995年
  この年HDD用MRヘッド生産開始。
1月 中国に「無錫アルプス」設立。
6月 「アルプス中国」設立。
8月 「天津アルプス」設立。
10月 世界で初めてステンレス鏡筒の中に半球面ガラスレンズを一体化した光通信用ビーム整形レンズを開発。
12月 チェコに生産管理会社「アルプス・チェコ」設立。
1996年
6月 車載用EGRセンサを量産開始。
11月 システム機器事業部がISO14001認証取得(以降、1999年までに、国内全生産拠点で取得を完了)
12月 韓国のLG電子部品の株式を譲渡し、「韓国アルプス」の韓国側株式を取得、両社合弁を解消。
1997年
2月 車載電装事業本部がQS9000認証取得(以降、この年第1機構事業部、第2機構事業部が認証取得)
7月 世界で初めて(当時)地上デジタル放送用TVチューナおよびIFユニットを発表。
10月 アルプス企業ビジョンを制定。
1998年
  この年デジタル地上波放送用RFモジュールを発表。
3月 磁気応用事業部がISO9001認証を取得(これで国内全事業部が取得)
5月 精機センター北原工場(宮城県)稼働。 5月 10億サイクルの作動耐久性を実現した長寿命抵抗体基盤を発表。
11月 創立50周年。記念式・祭典を実施。
1999年
2月 「アルプス・マレーシア」と「アルプス・プレシジョン・マレーシア」が合併し、「アルプス・マレーシア」に。
3月 協同開発による鉄系アモルファス軟磁性合金を開発。
4月 北原工場内に技能研修所(現・ものづくり研修所)を開設。
9月 「エーケーシー」が社名変更し、「アルプス経理センター」に。
2000年
3月 台湾・福華電子の当社所有株式を譲渡し、30年にわたる合併を解消。 3月 当社株式が日経平均の225銘柄に採用される。
2001年
  この年Bluetooth®モジュール各種を発表。
4月 ゼロ・エミッション活動が全社展開。
10月 中国に「アルプス(上海)国際貿易」設立。
2002年
  この年ハプティックコマンダ®の生産を開始。
2月 大連アルプス新工場が稼働。
4月 経営構造改革による新組織、新体制がスタート。
6月 中国に「アルプス通信デバイス・テクノロジー上海」設立。
7月 グリーン調達規定を制定。 7月 中国の東北大学東軟信息技術学院に「アルプスグループ奨学金」を設立。
2003年
  バッテリレスタイヤ空気圧モニタリングシステムの開発を発表。
6月 海外市場で300億円の社債を発行
10月 東北アルプスをアルプス電気に統合。 10月 コンプライアンス憲章・基本規定・委員会規定を制定。
2004年
5月 タクトスイッチ®の累計生産個数が500億個を突破。 5月 フォースフィードバック技術を応用し、当社独自のドライブ・バイ・ワイヤシステムを提案。
9月 大連アルプス創立10周年記念式典開催。
10月 ケンブリッジ大学他2社と共同研究契約締結。
11月 天津アルプス新工場稼働。
2005年
6月 短振動フィードバックデバイス「フォースリアクタ™」を発表。
8月 株式の売買単位を1000株から100株に変更。
9月 RFID用磁性シート リカロイ™発表。
10月 寧波アルプスが新工場に移転・稼働。
11月 無錫アルプスが創立10周年記念式典開催。
2006年
2月 中国・丹東市に丹東アルプスを設立。
5月 車載用魚眼CCDカメラ発表。
9月 上海アルプスが新工場に移転。
10月 丹東アルプスがISO14001(2004年版)認証を取得。
2007年
  SENSORING™という開発姿勢の下、新しくセンサ事業を展開。磁気センサをはじめ、各種センサを発表。 磁気センサスイッチング出力 ピエゾ抵抗タイプ圧力センサ
3月 TDK株式会社へのハードディスクドライブ用ヘッド事業にかかる設備・知的財産権譲渡を基本合意。
12月 コンプライアンス通関承認を全国で初めて輸出入同時に取得。
2008年
1月 光通信用非球面ガラスレンズ全35種に鉛フリータイプを追加。
5月 光学サイズ1/10サイズVGAカメラモジュールを開発。
7月 中国・東莞市に東莞アルプスを設立。
9月 車載用多機能操作デバイス「eクリックチェンジャ™」を発表。
10月 新本社ビル第1期工事竣工(11月より稼働)
2009年
1月 アルプス・ノルディックがアルプス・ヨーロッパに統合。 1月 磁気デバイス事業部を廃止し、コンポーネント事業部へ組織移管。 1月 Bluetooth®モジュールの生産累計が1億台達成。
3月 熱伝導磁性シート リカロイ™を発表。
4月 構造改革による3事業本部体制をスタート(AUTO事業本部、HM&I事業本部、MMP事業本部)
9月 タクトスイッチ®の生産累計が1000億個を突破。
12月 ジャイロ機能付き3軸地磁気センサを発表。
2010年
3月 相馬工場(福島県相馬市)を閉鎖。
4月 新本社ビル(東京都大田区)グランドオープン。 4月 建築物総合性能評価「CASBEE」でSランク認証を取得。
5月 アルプス・グリーンデバイス株式会社を産業革新機構株式会社と合弁で設立。
6月 フロッピーディスクドライブ生産終了。
8月 静電容量式タッチパッドディスプレイの生産を開始。
9月 アルプス・グリーンデバイスがリカロイ™ パワーインダクタ「GLMCシリーズ」を発表。
11月 カセットメカニズム生産終了。
2011年
1月 スマートフォン向けVCM(ボイスコイルモータ)を増産。
7月 古川工場内にEMC評価センターを設置。
9月 車載用Bluetooth®モジュール、累計生産台数2千万個達成。
10月 アルプス・グリーンデバイスが電流センサを開発。
11月 アルプス・インド(インド・ハリアナ州)を設立。
12月 古川工場およびアルプス韓国など国内外の4拠点でAutomotive SPICE™レベル3を認証取得。
2012年
1月 国内全拠点によるISO9001,TS16949認証取得。
5月 アンテナ付車載用Bluetooth® HCIモジュール「UGXZD-Gシリーズ」を開発。
6月 片岡政隆社長、会長に就任。栗山年弘常務が社長に就任。
8月 中国・遼寧省に合弁会社SHENYANG XIKANG ALPS TECHNOLOGIES CO., LTD.を設立。
9月 F2タイプタッチパネルを発表。
12月 車載用多機能操作デバイス「RKJXW2シリーズ」を開発。
2013年
3月 小型地磁気センサ「HSCDシリーズ」を発表。11月には日刊工業新聞社「“超”ものづくり部品大賞」部門賞を受賞。
4月 韓国アルプスがR&D棟を設立。
6月 米国クォルトレ社とセンサ技術でのパートナーシップを強化。
10月 DC-DCコンバータがCEATEC AWARDコアテクノロジ部門の準グランプリを受賞。 10月 サーク社が次世代タッチパッド「グライドポイント™ ジェネレーション4」を開発。
12月 中国・アルプスが無錫開発センターを開設。 12月 インドでの車載用部品生産に向けて新拠点を整備。
2014年
7月 ALCOMに新棟完成。
9月 車載用LTEモジュール「UMDZシリーズ」を発表。
10月 古川工場開設 50 周年記念行事を開催。
2015年
8月 アルプス・ベトナム(ハノイ)を設置。
9月 スイスABBと磁気式電流センサを共同開発。
10月 世界で初めてV2Xモジュールを量産。
11月 企業5社と共同出資で東北マグネットインスティチュートを設立。
12月 コーポレートガバナンス報告書を発行。
2016年
6月 監査等委員会設置会社へ移行。 Bluetooth® SMART通信モジュールアンテナ付タイプを開発、量産を開始。 6月
8月 ハプティック® リアクタ、VR機に採用。
9月 アルプス・韓国が韓国電力公社と協業締結。 9月 可搬型蓄電システム向け電力変換モジュールを開発。
10月 アルプス・グリーンデバイス、栗駒電子をアルプス電気に吸収合併。
2017年
1月 チャッキングエリア付狭幅非球面ガラスレンズを開発。
3月 東北大学と組織的連携協定締結。
6月 片岡会長、取締役相談役へ就任。
7月 アルプス電気、アルパインの経営統合発表。
12月 圧接コンタクト絶縁コート付タイプバラエティ拡充。
2018年
4月 省エネデバイス事業拡充に向けて「品川開発センター」を増強。
9月 2出力ブレーキペダルポジションセンサ開発。
10月 アルプスアルパイン新研修センター(本社)稼動。
11月 古川第2工場新棟を竣工。